Advanced Education With Viktor Strobovski Japan Wiki
Advertisement

"ママのところに帰りたいだけなの!" ― Scrina

ScrinaAlex' Basics in Biology and Zoologyキャラクターで、Advanced Education With Viktor Strobovski歴史レベルに短時間登場します。

説明[]

Scrinaは黄色の縁があるグレーの金属の頭、顔用の緑色のモニター、感知用の2本のアンテナがあるロボットです。ラベンダーパープルの胴体と「お尻」、ピンクのゴムの手が付いた2本の金属の腕があります。Alex Basicsのスプライトとは異なり、彼女の体とお尻は黄色のリングが付いているように見える追加のパーツで繋がっています。これが追加された理由や目的は不明です。

彼女がピンクの「フォースフィールド」を持っていることも確認されています。これはいつでも有効にでき、他の目標に転移できる可能性があります。

AEWVSでの彼女の外観は、Konstantin XIのようにゲーム内全身3Dモデルを使用しています。

行動[]

歴史レベルの3階の廊下の1つを歩いていると、Scrinaが空中の裂け目のようなポータルから突然現れ、別の大陸(AEWVSは夜に行われます)、惑星、または次元につながり、Angellに挨拶してErieという人を見かけたかどうかを尋ねます。しかし、Angellは話すことができないので、Scrinaは彼女が知らないのだと思い込み、やり取りの最中にうなずいたり、Erieの所持品を見せたり、別の形態のコミュニケーションを試みたり、ErieがAngellに戻ってくるように頼んだりしても、解散します。その後、彼女はポータルに戻り、ポータルは消えてカラフルな火花が後ろに残ります。Scrinaが訪問している間、プレイヤーは移動できません。Aliceは動きを止めず、時計は通常の速度で動き続けるので、これはやや脅威になります。

セリフ[]

サウンド 字幕(原文ママ) 説明
日本語訳

Hey! Hello!
Have you seen person named Erie somewhere?

Scrinaが訪問中に言いました。

どうも!こんにちは!
Erieっていう人をどこかで見なかった?

Oh, okay, anyway, thank you!
あ、分かった、とにかく、ありがとう!

サウンド[]

サウンド 説明
Scrinaが現れる。
Scrinaが姿を消す。

ギャラリー[]

動画[]

雑学[]

  • Alex Basicsの最後に述べたように、Scrinaは5年間Erieに会っていません。
  • MrDrNoseによると、Scrinaは失敗した試作です。通常はリサイクルに行くはずですが、何らかの理由で彼女は箱に入れられてゴミ箱に捨てられました。Erieが最終的にScrinaを見つけて彼女の面倒をみました。 それがScrinaが彼女を「ママ」と呼んでいる理由です。[1]
  • ScrinaがAlex BasicsとAEwVSの宇宙のさまざまな場所の間を自由にテレポートできることを暗示しています。「手」と呼ばれるアイテムはScrinaの手に似ており、使用すると紫色の電気エネルギーを発射することができるため、この力はおそらく彼女の手にあります。
  • Scrinaの手の複製がErieの寝室にあります。これはScrinaが現在の手の1つを失くした場合に備えて、Erieが予備として保存しているのかもしれません。
  • Scrinaはゲーム内3Dモデルを持つ4人目のキャラクターで、他はHelpscreenKonstantin XITorusです。 ただし、彼女はこれらのキャラクターの完全にアニメーション化された2人目です。

注釈[]

  1. Discite.png

    "あ、待って、ScrinaはErieの娘なのか、あるいは姉妹なのか?それともScrinaはErieが実際には彼女の姉妹であって母親ではないことを知らない的な?" ― Hardcore Viktor fangirl

    "Erieはゴミ箱の中のScrinaを見つけた

    Scrinaは彼女をママと呼ぶ
    Erieは彼女をScrinaと呼ぶ"

    ― Erie the Great Librarian

    "あなたがまだ何もネタバレしたくないことは分かるけど、彼らが作ったScrinaとErieの裏話は何?" ― Hardcore Viktor fangirl

    "Scrinaは失敗した試作で、リサイクルに行くはずだったけど、彼女はゴミ箱に捨てられただけだった

    箱に入れられて
    無料の不動産だよ"

    ― Erie the Great Librarian

Advertisement