Advanced Education With Viktor Strobovski Japan Wiki
Advertisement
Item doorkeyred.png

ネタバレ注意!
この記事はAdvanced Education with Viktor Strobovskiのストーリー展開に関するネタバレを含みます。

AEwVS: Christmas CurseAdvanced Education with Viktor StrobovskiのDLCスピンオフです。これはクリスマスで装飾された学校、新しいキャラクターのデザイン、新しいアイテム、そして複数の異なるエンディングがあるストーリーで構成されています。

ストーリー[]

Angellは最初ウェルカムルームでViktorに会います。彼は学校を飾り付ける手伝いが必要だと説明し、自分の仕事に戻る必要があると述べて部屋から飛び出します。彼はAngellに次に何をすべきかを見つけるために誰かに話し掛けるように言います。誰かとはErieで、主人公にすべての装飾がどこにあるかと、Mr. Cleany-Cleanが怪我をして窓の装飾を手伝う必要があることを伝えます。

その後、Angellは処罰室へのドアを開いたときに現れるLauraと話すことを強いられます。彼女はAngellに、Mr. Mixはドーナツを大釜の後ろに隠していると伝え、それが彼らが知りたかったことではないことに気づきます。それから彼女は学校を飾り付ける方法についてより多くの情報を話し、「小さなならず者の馬鹿ども」(Gingerbread-Men)から装飾を守ると言います。LauraはAngellにおもちゃ箱を貰うためにErieにもう一度話しかけるように言います。

Angellがこれを行うと、Erieはおもちゃ箱を渡してから、主人公に彼女の衣装が好きかどうか尋ねます。 Angellは彼女の衣装を褒めるか貶すかを選択でき、これが後で至るエンディングを大幅に変えます。

Angellにはそれからすべての装飾を配置する無限の時間があります。 画面の隅で、プレイヤーが配置した各装飾の数と、まだいくつ配置する必要があるかを確認できます。ゲームのこのセクションは、特にAngellが一度に4つの装飾しか持てないため非常に退屈な作業になるかもしれません。 しかし、Erieは主人公がクリスマスツリーを配置するのを手伝うので、他の装飾ほど気にする必要はありません。

Gingerbread-Menは積極的に探し出して見つけたすべての装飾を破壊するため、この作業をさらに困難にします。彼らはAngellが拾って殺すことができますが、殺されたものはすぐに別のものに置き換えられるので、これはあまり効果がありません。 Lauraも廊下を散策しますが、プレイヤーを処罰室に送る代わりに、見つけたGingerbread-Menを殺すことに集中します。Gingerbread-Menを止めるには彼らが生まれた場所の亀裂を閉じるしかありません。学校中のさまざまな場所の、床に10個の輝く亀裂があります。銀インゴットが使用されると、それは塞がり、Gingerbread-Menはその亀裂からもう出られなくなります。これらの亀裂を閉じると、エンディングが後で変わります。

すべての装飾が整うと、Viktorは全員にダイニングルームに行くように指示し、だれもが少し急いだ方がいいでしょう。すべてのキャラクターがテーブルに到着すると、Viktorは短いスピーチを行い、この時点でストーリーが分かれます。

カースドエンディング[]

このエンディングはAngellが最後の装飾を配置する前に10個の亀裂をすべて閉じない場合に達成されます。

Viktorのスピーチの後、彼は学校中で大きなベルが鳴り、不気味な曲が鳴り響くことで遮られます。その後、ゴングが何度も鳴り、そのたびに学校はどんどん濃い赤い霧で満たされていきます。最後の音で、テーブルのすべてのキャラクターとすべてのクリスマスの装飾が完全に消えます。Angellはそれから自由に動き、数秒後にドアの1つが破壊され、Viktorの真の姿が現れます。

ViktorはAngellを追いかけ始め、彼女が彼に近づきすぎると腕を伸ばして彼女を突き刺します。Angellが突き刺されると、時間が戻るように見え、Viktorがドアを再び破壊するためだけに彼女はテーブルに連れて行かれます。Angelがその後10個すべての亀裂を閉じると、Viktorの真の姿は消えて地面に横たわる仮面に代わります。

Angellが出口のドアを開こうとすると、彼女は動きを止め、数秒後にViktorの真の姿がドアを壊し、激怒した状態で彼女に向かって走ります。 しかし、主人公に達する直前に、白い閃光があり、彼は再び仮面に代わります。 その後、Viktorは仮面から自身を再生し、ぎこちなく、お茶とケーキのために再び参加することを提案します。

「気を悪くした」エンディング[]

このエンディングは次の場合に達成されます:

  • Angellが最後の装飾を配置する前に10個の亀裂をすべて閉じる。
  • Phontyが近くにいないときに、AngellがErieの衣装を貶す。

Viktorのスピーチの後、彼は反響する「叫び声」の音に遮られ、最終的にはフェードアウトし、Angellが呪いを破ったことを示します。Viktorはプレイヤーが呪いを破ったことを祝福し、テーブルにいる全員(Phontyを除く)にプレゼントを配ります。Erieが最初に自分のプレゼントを開くと、「PERV」というメモだけに気付きます。Erieはこれで非常に気を悪くし、部屋の外に飛び出します。Lauraは怒ってViktor彼女に謝りに行くように言い、しぶしぶ同意します。Viktorは部屋を出て、Erieに不機嫌になるのをやめてテーブルに戻るように言います。彼女が戻ってくると、Viktorはみんなのメリークリスマスとハッピーニューイヤーを願い、ゲームは終了します。

グッドエンディング[]

このエンディングは次の場合に達成されます:

  • Angellが最後の装飾を配置する前に10個の亀裂をすべて閉じる。
  • AngellがErieの衣装を褒める。

Erieが偽のプレゼントを開くと、Viktorが間違った箱を渡したと言い、部屋を出て正しい箱を取って来ることを除き、このエンディングは「気を悪くした」エンディングとほぼ同じです。Erieは本当のプレゼント(Jenny Wakemanの抱き枕)を開き、とても喜びます。 Viktorはみんなのメリークリスマスとハッピーニューイヤーを願い、ゲームは終了します。

バッドエンディング[]

このエンディングはAngellがPhontyの隣の隣のテーブルにいるときにErieの衣装を貶すと達成されます。Erieが気を悪くした後、Phontyが怒って邪悪形態に変わります。ErieはパニックになりPhontyをなだめようとし、Viktorは平気で彼に続けさせます。それからPhontyはメインゲームと同じようにAngellを学校中で追いかけ始めます。主人公は彼から逃げることができますが、それ以降は進展しないためそうする意味はありません。Phontyが必然的にAngellを倒すと、ErieはPhontyになぜこうしたのかと聞き、彼女はこれに値することを何もしなかったと言います。Viktorは不自然に誰かを叱り(どちらとも解釈できるため、AngellとPhontyのどちらを叱っているのかは不明です)、ゲームは終了します。

ディナー遅刻エンディング[]

これは実際のところエンディングではありませんが、言及する価値はあります。Angellがディナーの時間に間に合わない場合(つまり、タイマーが切れる前にテーブルにいない場合)、学校のすべてのキャラクターが消えて学校が暗くなります。 この後は、他に何もできなくなります。これが意図的なものなのかmrdrnoseが実際のエンディングを作成する時間が無かっただけなのかは不明です。

サウンドトラック[]

ファイル リンク 説明
??? すべての装飾が配置される前に再生されます。
Hotel Mario - 'Wendy's Pennies' music (recreation) Viktorが全員がダイニングルームに行くのを待っている間に再生されます。
??? 全員がテーブルに集まった時点のPhontyの音楽。
Traditional - Deck The Halls Viktorがプレゼントを贈っている間のPhontyの音楽。

アンビエンス[]

サウンド リンク 説明
??? 呪いの間に再生されます。

サウンド[]

ファイル 説明
ベル、呪いが起ころうとしていることを示します。

雑学[]

  • MrDrNoseによると、キャラクター達は「数日間悪を取り除く」ためにクリスマスを祝うので、それは確認済みのカノンです。[1]
  • それは元々はハロウィーン用の計画でした(何があったのかは忘れました、少々お待ちください)、これはキャストがさまざまなキャラクターの衣装を着ている理由を説明しています。
  • Viktorのクリスマス衣装はグレースケールのロナルド・マクドナルドで、MUGENのShadow RonaldまたはDark Ronaldに触発されたと噂されています。

注釈[]

Advertisement